京都をおさえて魅力度No1!北海道の魅力の謎に迫る

2018.11.22 Thu

みなさん、京都は人気観光地で、毎日たくさんの人で賑わっていますよね?

 

京都の魅力は、世界でも認められています。

その証拠に、富裕層向け米国旅行雑誌「トラベル・アンド・レジャー(Travel + Leisure)」の「ワールドベストアワード2018」で京都が6年連続トップ10にランクイン。

なんと、2014年、2015年には2年連続で1位を獲得しています。

 

しかし・・・

そんなグローバルで人気のある京都を脅かす都道府県があることをご存知でしょうか?

 

それは、実は北海道です!

「地域ブランド調査2018」によると、都道府県の魅力度ランキングで京都は10年連続で2位なのです。

そして10年連続1位が北海道。

 

北海道すごすぎる・・・。

なんでなの??

その謎を探りたい!

そんな思いから、今回は北海道の魅力を調査し、北海道が10年連続1位に輝く理由を筆者独自の目線で述べていきます。

京都を愛する方も、どうか温かい目で見てください。

地域ブランド調査2018とは?

「地域ブランド調査2018」とは、ブランド総合研究所が2006年から毎年行っている調査で、今年で13回目となります。

インターネットアンケートで、全国から約3万人もの回答を集め、回答者は年齢、性別、地域別にほぼ同数となるように集計されています。

 

調査方法

インターネット調査

回答者

年齢20代~70代の消費者を男女別、各年代別、地域別にほぼ同数ずつ回収。

※日本の縮図になるように、年齢や地域人口の分布にあわせて再集計した。

有効回収数

約3万人

調査対象

全国1000の市区町村と47都道府県

調査時期

2018年6月~7月

調査項目

他地域の住民: 外からの視点の評価(全84項目、1000市町村および都道府県

地域の住民 : 内からの視点の評価(全26項目、47都道府県のみ)

(地域ブランドNEWSより引用)

人気の理由① グルメ王国・北海道

(ようこそさっぽろ観光写真ライブラリー)

 

北海道と言えば、カニやウニなどの海の幸、札幌ラーメン、ジンギスカンなど、おいしいグルメがたくさんあるイメージです。

実際、ソニー生命保険株式会社の調査「美味しいグルメを味わいに行きたい都道府県ランキング」がそれを示しています!

 

美味しいグルメを味わいに行きたい都道府県

(対象:各都道府県100人ずつ、計4700人)

 

都道府県

割合

1位

北海道

50.8

2位

東京都

5.1%

3位

大阪府

4.4%

4位

福岡県

3.9%

5位

京都府

2.7%

 

な、な、なんと!50%以上の割合で北海道に票が集まっています!

2位に大差をつけて、圧倒的ですね。

 

そして、ちゃんと5位に入っている京都が僕は好きです。

 

また、北海道を選んだ50.8%(2388人)の回答者は、食べたいグルメに次の10個を選びました。

 

北海道で味わいたいグルメ

(対象:美味しいグルメを味わいに行きたい都道府県で北海道を選んだ2388人)

 

味わいたいグルメ

人数

1位

海鮮・海の幸(カニ・イクラ・ウニなどを除く)

876人

2位

カニ・カニ料理

368人

3位

ラーメン

165人

4位

海鮮丼

132人

5位

ジンギスカン

99人

6位

イクラ・イクラ丼

53人

7位

寿司

49人

8位

ウニ・ウニ丼

44人

9位

牛乳、乳製品(チーズ、バターなど)

33人

10位

じゃがいも・じゃがいもバター

28人

 

やはり、北海道のグルメといえば、カニやウニなどの海の幸ですよね。

でも札幌ラーメンや、ジンギスカン。

それに、ジャガイモやチーズ、バターも有名だし、捨てきれない・・・

 

挙げだしたらキリがないバリエーション。

これは、納得の1位です。

人気の理由② 純粋に観光で人気

(ようこそさっぽろ観光写真ライブラリー)

 

北海道は、そもそも観光地として大人気です。

修学旅行や卒業旅行で北海道に行った方も多いと思います。

 

そして同じく、ソニー生命保険株式会社の調査「旅行で行きたいと思う都道府県」によると、またもやぶっちぎり。

見てください、この数字。

 

旅行で行きたいと思う都道府県

(対象:各都道府県100人ずつ、計4700人)

 

都道府県

割合

1位

北海道

30.8%

2位

沖縄県

18.1%

3位

京都府

7.2%

4位

東京都

6.1%

5位

大阪府

1.7%

もはや、北海道が作ったんじゃないかと疑ってしまうくらい圧倒的な支持率。

ソニー生命保険なので、そんなわけないのですが笑

 

北海道の魅力は、もはや認めざるを得ませんね。

 

そして、お気づきの通り、京都がまたもやランクイン。

北海道と沖縄には負けてはいるものの、本州では1位です。

 

「行きたいと思う都道府県」ですから、距離の問題でなかなか行きにくい、北海道と沖縄が上位に来ている可能性はありますが、それでもダントツ1位の北海道はやはりすごい。

 

そんな北海道の人気の観光スポットはこちらです。

 

最も行きたい観光スポット

(対象:旅行で行きたいと思う都道府県で北海道を選んだ1435人)

 

観光スポット

人数

1位

旭川市旭山動物園

42人

2位

ラベンダー畑

33人

3位

札幌市時計台

26人

4位

すすきの

22人

5位

五稜郭

15人

 

 

観光スポット

人数

1位

清水寺

44人

2位

鹿苑寺(金閣)

21人

3位

嵐山

4位

伏見稲荷大社

20人

5位

祇園

7人

 

人気の理由③ 四季折々の魅力

(ようこそさっぽろ観光写真ライブラリー)

 

北海道は、季節ごとに変わった魅力があります。

 

冬は北海道ならではの美しい雪景色が見られ、秋には過ごしやすい気候の中、紅葉などの自然を楽しめます。

そして、冬に開催される北海道の一大イベント「さっぽろ雪まつり」も魅力的です。

いつか行ってみたい!

 

(ようこそさっぽろ観光写真ライブラリー)

 

さっぽろ雪まつり

 

そんな秋・冬のイメージが強い北海道ですが、北海道庁によると、観光客が一番多いのは、実は夏の季節です。(平成29年度)

暑くなる夏だからこそ、北海道の涼しい気候で過ごしたいという人が多く、ツーリングやサイクリングが増えるようです。

さらに札幌市は、2018年10月5日に新三大夜景都市に認定されました。

全国から約5500人の夜景鑑賞士が投票で決定しました。

初めて聞いたお仕事ですが、なんだかすごそうですね笑

 

1位 長崎県

2位 札幌市

3位 北九州市

(夜景観光コンベンション・ビューロー認定)

 

また、札幌夜景アンバサダーに平野ノラが就任するなど、どんどん注目されています!

 

以上のように、北海道にはたくさんの魅力があります。

そんな北海道に旅行に行きたいと思う人も多いのではないでしょうか?

 

実は筆者は、格安で北海道旅行が楽しめるキャンペーンを見つけてしまいました。

どうやら、大人気のキャンペーンらしいです!

 

最大70%の割引が受けられる「北海道ふっこう割」とは?

「北海道ふっこう割」とは、観光客に北海道をもっと楽しんでほしい!という思いからできた割引キャンペーンです。

この制度を使えば、旅行商品・宿泊料金が格安で北海道旅行を楽しめます!

 

また、「北海道ふっこう割」は、観光庁、北海道観光振興機構、日本政府観光局(JNTO)、民間事業者、地方自治体などの協力のもと、行っています。

 

大好評により、ほとんど完売してしまっています。

るるぶなら、1名以上/3泊以内/合計6000円以上、という条件のもとで3000円割引券が残っています!

るるぶトラベル

 

また、キャンセルや追加配布の可能性があるので、ぜひチェックしてみてください!

北海道ふっこう割

まとめ

今回は、京都に匹敵するほど魅力的な、北海道について紹介しました。

行ったことがある方も、ない方も、北海道に行ってみたいと思ったのではないでしょうか?

 

北海道のおいしいグルメや観光を楽しみたい方々!

ぜひ、「北海道ふっこう割」を使って、お得に北海道旅行を楽しんでください!

この記事を書いた人: 黄助
【きすけ】好きな言葉は「身近な人から幸せに」 人と自由と甘いものが好きなインターン学生。 大仏、富士山、琵琶湖などの日本一を目の当たりにし、現在は世界一に興味アリ!

コメントする

※コメントは京トーク編集部にて確認後、公開いたします。
※お名前は未入力でもOKです。お気軽にコメント下さい!

この記事をみた人は、こんな記事もみています