わらしべ長者対決 学生編 4~6回目交換

2019.08.03 Sat

前回の1~3回目交換でのわらしべ長者学生チームは、友達やゼミの先生など、大学生ならではの人脈を生かして、

 

【ルート1交換物】 クリップ2つ→消しゴム→お好み焼き→ポテトチップス

【ルート2交換物】 クリップ2つ→甘酒

 

に交換することができました。

 

今回は、この2つのルート(ポテトチップス+甘酒)を合体させて、交換先を探してきました!

今回のメンバー
二藍
織部
木欄
小鉢

大学コミュニティ作戦から商店街作戦へ!

前回は、鴨川で休んでいる人に声をかけていったのですが、なかなか上手くいかず・・・。

そこで、大学生ならではの人脈を生かす「大学コミュニティ作戦」に変更し、ポテトチップスと甘酒を交換することができました。

 

そして、今回は、京トークライター仲間の「小鉢くん」と「二藍ちゃん」の助っ人とともに、4人で挑戦です。

 

作戦としては、大学コミュニティを抜け出し、人や店が多い商店街をターゲットとします。

 

題して、「商店街作戦」です!

甘酒が伝統的な民族楽器に

 

寺町商店街を歩いていると、変わった楽器を置いてある店を発見!

とりあえず、入ってみると、世界中の民族楽器がそろっており、見ているだけでも楽しむことができました。

 

これは、「是非とも交換したい!」ということで、店員さんに交渉することに...。

 

そして、わらしべ長者企画に興味をもってもらい、ベトナム少数民族、モン族が使っている楽器口琴「ダンモイ」と交換していただきました。

 

口琴というとあまり馴染みがない楽器ですが、とてもきれいな音色を響かせてくれます。

 

 

≪わらしべ長者 第4回目交換≫

 

甘酒→ダンモイ

交換相手 民族楽器コイズミさん
交換相手情報

有名なものから珍しくて手に入りにくいものまで世界中の民族楽器を揃えています。また、音楽教室やCD・教則本等の販売、楽器の修理・メンテナンス等を行っているそうです。

民族楽器コイズミさんの情報はこちら

伝統な民族楽器から子供が喜ぶ○○に

 

伝統的な民族楽器「ダンモイ」を手に入れた僕たちは、民族楽器コイズミさんが紹介してくれた「BIGGBOSS」さんにお邪魔しました!

 

店内には、ギターが並べられており、楽器から楽器へ交換するチャンスだと思い、店員さんに企画説明をすると・・・。

 

わらしべ長者に興味を持ってもらうことに成功するとともに、先ほど交換してもらった「ダンモイ」に興味を惹かれていました。

 

そして、交換するものを店中から探してもらい、「振ると音がなる子供のおもちゃ」に交換していただきました!

 

この振ると音がなるおもちゃは、子供向けとはいえ、大学生の僕たちでも虜になっていました。(笑)

 

 

≪わらしべ長者5回目交換≫

 

ダンモイ(民族楽器)→おもちゃ

交換相手 BIGBOSSさん
交換相手情報

京都最大級の大型ギター、ベース専門店。

修理から大規模な改造までをお好みに仕上げてくれるそうです。

BIGBOSSさん店舗情報はこちら

子供が喜ぶ○○から京都を代表する焼物に

 

振ると音がなるおもちゃに虜になった僕たちは、変わったネーミングの「ヘタな表札屋」とかかれた看板を発見し、店に入ってみました!

 

看板にはきれいな字でヘタな表札屋とかかれていましたが、実際には、看板や賞状を扱っているお店ということで、字がヘタということではなさそうです。(笑)

 

また、このお店は創業昭和10年という歴史のあるお店であり、店の中には、表札以外にも様々な焼物が並べられていました

 

そして、お店の人に企画を説明すると・・・。

 

なんと、京都を代表する清水焼の湯のみと交換していただきました。

ちなみに、交換したおもちゃは姪っ子にあげるそうです。

 

 

≪わらしべ長者6回目交換≫

 

おもちゃ→湯飲み(清水焼)

交換相手 ヘタな表札屋 公昭堂さん
交換相手情報

創業昭和10年の歴史のあるお店で、表札以外にも看板や賞状を扱っています。

焼き物は、店主の息子さんが作っているそうです。

公昭堂さん店舗情報はこちら

まとめ

今回は、京トークライター仲間の協力もあり、順調に交換することができました。

 

このまま社会人チームに追い付け追い越せの気持ちで頑張っていきます!

 

≪交換物≫

ダンモイ(民族楽器)

おもちゃ

湯飲み(清水焼)

この記事を書いた人: 京トーク編集部
京トーク編集部です。 大好きな京都で生活をし、京都に住んでいる人や京都を訪れる人に、もっと京都を楽しんでほしい!と思い、日々記事を更新。 チームの仲間たちと共に京都の魅力を発信していきます!

コメントする

※コメントは京トーク編集部にて確認後、公開いたします。
※お名前は未入力でもOKです。お気軽にコメント下さい!

この記事をみた人は、こんな記事もみています