【正月ぼっち必見】正月を望まない独り身大学生の寂しい年越しin京都

2018.12.29 Sat

クリスマスも終わり、一気に年末年始のモードに入る時期になりましたね。

みなさんはどのように年末年始を過ごす予定でしょうか?

 

友達とカウントダウンイベントに行ったり、恋人と初詣に行ったり、家族とのんびり過ごしたり。

年越しは、親しい人との時間を大切にできるイベントでもあります。

 

しかしながら、そんな年末年始を待ち望んでなどいない人がいることも忘れてはいけません。

僕のような独り身大学生にとっては暇で苦痛なイベントでしかありません。

 

そこで今回は、一足早く年末年始を迎えたと思ってその退屈を伝えたいと思います。

 

リアルが充実している方は「世の中にはこんな悲しいやつもいるんだ」と同情し、そうでない方は「良かった、俺は一人じゃない」と安心してください。

この記事の目次

12月31日

13:00 起床

年末の朝は遅い。

さすがに普段は午前中には起きますが、今日は年末です。

 

「今日ぐらいゆっくり寝ていないとだめだろう」と、いつまでも布団でぬくぬくと過ごします。

 

 

15:00 一旦フレスコへ買い物

歯磨きやら洗顔やらをのんびり済ませた後は、一旦家の近くのフレスコへ買い物に行きます。

・みかん

・どん兵衛たぬきそば大盛

・1月1日のご飯

 

などを購入します。

どん兵衛は年越しそばの代替品です。

近くのフレスコでは大盛も売っていて、ありがたい限り。

みかんが残っているか怪しいところですが、なんとか手に入れたいところです。

 

16:00 とりあえずYou Tubeを見る(part 1)

家に帰ると、暇な時間が待ち受けています。

 

友達も帰省やら恋人やらで忙しいことでしょう。

年末のお伴はYou Tubeしかありません。

 

キングコングやジャルジャルといったお笑い動画や、ジョーブログなどのYou Tuberの動画を見ます。

もちろん乃木坂も外せません。

 

 

19:00 ちょっと散歩してみる(part 1)

とりあえずのつもりだったYou Tubeも、気付いたら3時間見ていました。

 

日が完全に暮れてしまったことに多少の罪悪感を覚え、外に出てみます。

今日は一応年末という特別な日なので、普段とは違うコースで歩きます。

 

 

20:00 どん兵衛たぬきそばを食べる

散歩から帰ってきたら、体が少し冷えてしまいました。

するとちょうど良いところにどん兵衛が。

 

「吉岡里帆みたいなどんぎつねが現れてくれないかなあ」などと思いつつ、1人で大盛のそばをすすります。

 

大盛でも男子大学生のお腹は満たされないので、先ほどフレスコで買ったみかんを2個ほど追加で食します。

 

 

21:00 念のため紅白を見る

そういえば紅白歌合戦がありました。

テレビをつけて少し見てみます。

 

「今年は紅と白、一体どっちが勝つんだろう?」などとドキドキする訳もなく、乃木坂と欅坂の出番を待ちます。

 

 

22:00 演歌歌手の時はガキ使を見る

年末あるあるだと勝手に思っているのですが、紅白で演歌歌手が歌っているときはガキ使を見ます。

ただ気が付いたらそっちに見入ってしまい、目当てのアーティストに少し食い込んでしまうのがやめたいところです。

1月1日

0:00 一応LINEする

そうこうしているうちに、めでたく年が明けました。

心なしか、遠くから除夜の鐘の音が聞こえてくるような気がします。

 

多少のめんどくささを感じつつも、「めでたい!」とか「おめでとう!」とか「わっ!」とか書いてあるスタンプをグループラインに投下します。

 

 

1:00 就寝

そろそろLINEも落ち着いてきました。

おやすみなさい。

 

 

8:00 起床、LINEする

 

正月の朝は逆に少し早めです。

 

昨晩就寝してから「今年もよろしく」LINEが何通か来ていたので、「こちらこそよろしく!」と返信します。

 

 

10:00 年賀状が来ていないことを確認する

もはや確認作業です。

1回も髪を切ったことのない美容室からのはがきをゴミ箱にいれ、部屋に戻ります。

 

 

11:00 初売りチラシを執拗に眺める

独り正月というのは、こんなにも暇なのでしょうか。

ポストに入っていた初売りのチラシをじっくり眺めます。

 

「こんなに安くするんだったらもう少し普段から安くできないのか」といささかの不満を覚えつつ、不動産のチラシまでしっかり目を通します。

 

 

12:00 ちょっと散歩してみる(part 2)

この辺りは31日と同じですね。

 

 

14:00 みかんでお腹を膨らませる

ご飯を食べるのがめんどくさくなって、みかんで食事を済ませます。

 

 

15:00 とりあえずYou Tubeを見る(part 2)

この辺りも一緒です。

 

 

18:00 振込みを確認する

親はもうお年玉をくれませんが、祖父母がお年玉としてお金をATMに振り込んでいてくれているかもしれません。

大変ありがたいことです。

 

確認が済んだら、You Tubeの視聴に戻ります。

 

 

21:00 念のため鴨川をランニングしてみる

昨日今日と、あまりにも体を動かしていません。

もしかしたらこの暇な状況が何か変わるかもしれないという淡い期待を抱きつつ、夜の鴨川を走ります。

 

 

23:00 就寝

もちろん暇な状況は何も変わらず、帰宅したら即就寝です。

早く日常に戻って欲しいものです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
この記事を書いていて、「こんな年末年始は嫌だ」と自分で思いました。

こんな風にならないためにも、久しぶりに帰省したり、同じように独り身の友達と集まったり、もしくはアルバイトをしてみたりするのが良いかもしれませんね。

この記事を書いた人: ことぶき(京トーク編集部)
京トーク編集部です。 大好きな京都で生活をし、京都に住んでいる人や京都を訪れる人に、もっと京都を楽しんでほしい!と思い、日々記事を更新。 チームの仲間たちと共に京都の魅力を発信していきます!

コメントする

※コメントは京トーク編集部にて確認後、公開いたします。
※お名前は未入力でもOKです。お気軽にコメント下さい!

関連記事