【京社長vol.1】お菓子を通じて夢のある食文化を!吉田産業株式会社 吉田尚史社長

2019.06.26 Wed

京都で活躍されている社長さんにスポットを当てた、「京社長」。

Vol1でご紹介するのは、京都市南区にある吉田産業株式会社の吉田尚史社長です!

 

吉田産業株式会社は、「お菓子を通じて夢のある食文化の向上に貢献する」をモットーに、ケーキ屋さんやパン屋さんには欠かせないお菓子業界を支える存在です。

 

社長の吉田尚史さんに、お菓子に対する思いや社員に対する想いなど、お話を伺いました。

お菓子業界のなくてはならない存在に

 

――吉田産業株式会社さまの事業内容を、まずは教えてもらえますか?

 

私共の会社は関西を中心に、お菓子屋さんやパン屋さん等にお菓子の原料はもちろん、資材や器具、機械などまで販売している商社です。

 

――お菓子やパンを作るために必要な会社ってことですね!

 

我々の経営理念は「お菓子を通じて夢のある食文化の向上に貢献する」です。お菓子には、不思議な力があると思っています。どんなに悲しいことがあっても、お菓子を食べたら、ふと笑顔になれる。食べる前に怒ったり泣いたりしていても、その美味しさで幸せな気持ちにさせてくれる、本当に夢のある食材だと思います。材料や資材を販売する立場なのですが、時には得意先のお菓子屋さんに「こんな良い材料がありますよ」とか、「こんな飾り付けもできるんですよ」と提案することもあるんです。少しでもお菓子業界の向上に貢献できればと思っていますし、そこに誇りをもって働いていますね。

すべてはお客さんのため

 

――吉田産業株式会社の吉田尚史社長ということは、実家の家業を継いだということなんでしょうか?

 

そうですね。でも大学卒業後、すぐには家業を継がず、三洋電機株式会社という電気関係の会社で5年ほど働きました。その会社では、冷蔵庫やエアコンなどを売っている営業マンだったんですよ。でも、ちょうど入社した年に阪神淡路大震災が起こって、7月に神戸の復興支援部に配属になりました。災害直後の神戸では大変なことも多かったですけど、そこで営業としての経験を積めたなと思っています。成績もかなり良かったんですよ(笑)。やみくもにただ買ってくれの押し売りでは売れません。本当にお客様のことを思って、何を望んでいるのかをしっかりと把握して、ベストな商品を薦めることが大切です。お客さんのことを考えて動く、これはすべての職種に共通していることだと思うんですよね。営業の成績が評価されたこともあり、実家の吉田産業に戻って働くことにしました。それから社員として18年、社長に就任して今は3年目になります。

 

――最初から会社を継ごうとは思ってなかったんですね。しかも、全くの異業種。少し驚きです。

 

はじめは、問屋業なんてつぶれると思っていましたからね。今でも、いつかつぶれると思っています(笑)。でもお菓子やパン、ケーキの業界は物凄く小さな世界なんです。だから、うちを必要としてくれるお客様はいっぱいいるんです。創業から今年で77年になるんですが、関西の洋菓子屋さんの多くが、うちの名前を知ってくれていて、必要としてくれています。もちろん、ライバルの商社さんはいます。でも、社会人になった時から同業者とは仲良くしなさい、と先輩に言われていたんです。仲が良かったら、お互いにココは手をひいてほしいときや、向こうに華を持たせた方がいいということがわかってくるんです。お互いがけんかしていたら、最悪の場合、両方の商社が利益が無くなってきて、どちらもつぶれてしまう。そんなことになったら、材料が仕入れられなくなって、お菓子やケーキのお店もつぶれてしまう。結局は、お菓子を食べたいと思っていたお客様が一番悲しむことになるんです。それだけは絶対に避けないといけません。

家族からも愛される会社を目指して

 

――今後どんな会社を目指していますか?

 

会社の目標は、大きく2つあります。1つ目は関西のファーストコールカンパニーを目指すこと。つまりお客様が困ったとき、相談したいと思った時に、一番最初に思い浮かべてもらえる会社になることです。

2つ目は、お客様満足度・社員満足度・家族満足度の3つでナンバーワンになることです。

 

――お客様満足度や社員満足度は聞いたことがあるのですが、家族満足度ですか?どうして家族なんでしょう?

 

それは、僕が小さいころのことが影響しています。会社の運動会があったんですけど、すごく楽しかった記憶なんです。親がどんなふうに働いているのかなんてわかりませんでしたけど、そんな楽しい思い出を、社員はもちろん、社員の家族の方にも持ってもらいたいと思っているんです。残念ながら今は運動会はないので、ここ3年間は毎年ソフトボール大会をしたり、バーベキュー大会をしたりしています。そして最終的には、社員が定年を迎えたときに、そのお子さんから「吉田産業で働いていてよかったね」って言ってもらえる会社になりたい。だから社員の家族の人もみんな大事にしようと思っています。

 

――社員さんの定着率が良いと伺いましたが、なにか工夫もされているんですか?

 

特別というワケではないのですが、僕は自分がされて嫌だなと思うことはしないようにしています。例えば社員が車で事故・・・というか、どこかに車をぶつけてしまっても、納品を間違っても、そんなことでは怒りません。むしろ事故であれば、ケガがないかをまず一番に心配します。車の事故なら、故障した部分を直せばいいだけですから。納品に関しても、なぜ間違ったのかを確認して、関係各所に迷惑の内容に働きかけ、間違った社員には次はないように気を付けてもらう。理屈の通った怒り方しかしないように心がけています。

 

 

――最後に、学生へメッセージをお願いします。

 

今の学生さんに言いたいのは、仕事も家庭も両立できないと幸せにはなれないと思っておいてほしい、ということです。仕事と家庭は別という意見もあるとは思うのですが、僕は、お互いがウィンウィンで対等じゃないと、絶対的に幸せにはなれないと思っています。だから社員から「子どもの運動会があってお休みしたいんです」と言われたら、「いけいけ!パパしっかりやってこい」と言うようにしています。会社も家庭も両方一生懸命にする、ということが大切だと思いますよ。

インタビューを終えて

終始、和やかな雰囲気のなかお話いただきましたが、

お客さんや社員さんについて話しておられるときに、吉田社長がひと際とても朗らかな表情をされていたことが印象的でした。社員さんと話されている様子もフレンドリーで、みなさんから愛されている社長さんなんだろうなぁと感じました。

 

また、インタビュー後に社員さんにも少しお話を伺うことが出来ました。

吉田産業株式会社で働く理由はなんですか?という質問に

「この会社にいて自分が成長できることがまだまだあると感じているから」

「辞める理由が思いつかない」

とおっしゃっていました。

 

吉田社長の社員さんやその家族を大切に想う姿勢が、社員の皆さんにいい効果をもたらし、会社全体に活気のある雰囲気を生み出しているのではと思います。

この記事を書いた人: 金糸雀~Kanaria~
毎月のネイルにこだわりをもつ小柄な女子大生。かわいらしい見た目だが、負けん気の強さは誰にも負けない。

コメントする

※コメントは京トーク編集部にて確認後、公開いたします。
※お名前は未入力でもOKです。お気軽にコメント下さい!

この記事をみた人は、こんな記事もみています