【第2弾】タピオカ好きライターが「京都 河原町周辺のタピオカ店」を調査してみた!

2019.06.20 Thu

皆さん、こんにちは!

 

タピオカ好きライター織部です。

今、まさに京都の河原町では、有名なタピオカ店が続々と開店しており、タピオカ激戦区となっています。

平成から令和になった現在でも、タピオカブームはまだまだ続きそうですね!

 

そこで、前回紹介した「【第1弾】京都 河原町周辺のタピオカ店」の記事に続き、第2弾として新たにオープンしたお店を紹介します。

抹茶共和国 Matcha Republic 京都店(2019.5.1 OPEN)

公式HPから引用

 

「抹茶で 驚きと喜びを」という言葉通り、一風変わった抹茶専門店の「抹茶共和国」が木屋町通にオープンしました!

 

本店は、抹茶で有名な宇治市にあり、各種メディアに紹介されるなどして話題となっています。

「京都=抹茶」というイメージを持っている観光客の方も多いので、京都に遊びに来た友達や外国人の方に紹介すると喜んでくれるでしょう。

 

公式Instagramから引用

 

大人気の抹茶インクの「NO.6 バブル抹茶ラテ」です。

見ての通り、一風変わった抹茶専門店とは、インク瓶に入った「抹茶インク」という飲み物が話題を集めています。

 

もちもちのタピオカと本格的な抹茶ラテを一緒に味わうことができます。

容器がおしゃれなので、インスタ映え間違いなしですね!

 

実際に行った人の口コミには、「瓶入りの抹茶ラテがとても可愛いかった!」「インスタ映えの容器!」というインク瓶を気に入っている方の声が多かったです。

 

ちなみに、抹茶インクの「NO.6 バブル抹茶ラテ」は公式Instagram(matcharepublic_)をフォローしている方限定メニューなので、事前にフォローを済ませておくことをおすすめします。

また、500円以上買うことで、オシャレな透明バックが貰えるそうですよ!

 

住所

京都市中京区東木屋町四条上る鍋屋町209

アクセス

阪急京都本線「河原町駅」から徒歩2分

営業時間

11:00~21:00

定休日

不定休

公式HP

抹茶共和国 Matcha Republic

 

霧社茶町MuShaChaMachi 京都店

 

台湾から高級御茶を輸入しており、本格的な中国茶を飲むことができる霧社茶町(むしゃちゃまち)が新京極通にオープンしました!

 

本格的なお茶以外にも、流行りの「黒糖タピオカラテ」や「緑茶グレープフルーツジュース」というドリンクがあり、お茶とフルーツの相性も気になるところです。

 

公式Instagramから引用

 

看板メニューとなっている「黒糖タピオカラテ」です。

台湾産黒糖蜜が浸透するまで丁寧に煮込んで作られたオリジナルの黒糖タピオカは、品の良い甘さが広がります。

 

本格的なお茶にタピオカをトッピングしてみるのも良いでしょう。

ちなみにトッピングには、「タピオカ」「ナタデココ」「アロエ」が追加でき、甘さや氷の量も変更できるそうですよ。

 

実際に飲んでみた人の口コミには、「タピオカがハード系で、たっぷりのミルクに黒糖がとても美味しかった」という声があり、固めのタピオカが好きな方にはピッタリです。

 

営業時間が、平日22時、土日23時までということで遅い時間まで営業しています。

 

住所

京都市中京区桜之町430-8

アクセス

阪急京都本線「河原町駅」から徒歩4分

営業時間

平日10:00~22:00 土日祝11:00~23;00

定休日

不定休

公式HP

霧社茶町MuShaChaMachi

 

辰杏珠Sinanju 京都寺町店

 

本場・台湾から直輸入しているタピオカを使った台湾タピオカドリンク専門店の「辰杏珠 Sinanju」が寺町通にオープンしました!

 

辰杏珠は、台湾のお茶の文化や考え方を取り入れて、「日々の忙しさで忘れてしまう大切なことを思い出せる時間を作りたい」という想いがあります。

 

公式Instagramから引用

 

一番人気の京都寺町店限定「抹茶黒糖バブルミルク」です。

 

本場・台湾のタピオカと京都・宇治市の宇治抹茶専門店の抹茶を使っており、抹茶のほろ苦さと黒糖の上品な甘さが口の中で広がります。

 

京都寺町店限定ということで、一度は飲んでみたいものですね!

 

ドリンクの種類も豊富でタピオカドリンク以外にも、ストレートティー、台湾ハーブティー、スペシャルドリンクも気になります。

 

インスタ映えの容器に本格的なタピオカドリンクに人気急上昇中です。

 

実際に行った人の口コミに、「20名ほど先に並んでいたが、15分ぐらいで注文することができた」という声があったので、行列ができていても諦めずに並んでみるのも良いでしょう。

 

住所

京都市中京区四条上る中之町552

アクセス

阪急京都本線「河原町駅」から徒歩2分

営業時間

月~木・日祝10:00~21:30 金土・祝前日10:00~22;00

定休日

不定休

公式HP

辰杏珠Sinanju

瑪蜜黛momitoy 京都河原町店 (2019.6.3 OPEN)

公式Twitterから引用

 

瑪蜜黛momitoyは、とろけるクレープで有名なクレープ専門店の「MOMI&TOY‘S(モミアンドトイズ)」が新たに立ち上げたタピオカドリンク専門店です。

 

お茶専門店とは違い、スイーツブランドならではの色味や食感にこだわったメニューを提供しています。

 

公式Twitterから引用

 

京都ならではの「宇治抹茶ミルク」です。

 

また、黒糖でじっくり煮込んだタピオカができたての状態で提供されるので、もちもちの食感と黒糖の香りが印象的でした。

 

Mサイズが530円というお手ごろな価格でありながら、本格的な抹茶を味わうことができます。

 

個人的には、「タピオカミルクティソフト」というタピオカ入りのソフトクリームが気になりました!

これからの暑い時期にピッタリですね。

 

実際に行った人の口コミには、「他のタピオカドリンク専門店と比べて、価格がお手ごろだったが、とても満足できる味だった」という声がありました。

 

住所

京都市中京区中之町576

アクセス

阪急京都本線「河原町駅」から徒歩2分

営業時間

11:00~21:00

定休日

不定休

公式HP

瑪蜜黛momitoy

生タピオカ専門店モッチャム 河原町三条店 (2019.6.8 OPEN)

 

ベトナム語で100%という言葉のタピオカドリンク専門店「モッチャム」が河原町通にオープンしました!

 

毎朝手ごねして作られる100%手作りの生タピオカは、100%ベトナム産の希少なタピオカ粉を使用しています。

 

公式Instagramから引用

 

モッチャム人気NO.1の「沖縄黒糖ミルク」です。

 

こだわり抜かれたタピオカは、出来立てということでほんのり温かく、噛むたびに甘さを感じることができました。

あのモチモチの食感は忘れられません!

 

また、京都限定1日50杯の「はんなり宇治抹茶ミルク」「はんなりほうじ茶ラテ」もいつか飲んでみたいです。

 

100%のタピオカ粉を使った手作りの生タピオカが味わえるお店が京都に初上陸したということで、タピオカ好きの方は一度は行っておきたいものですね。

 

実際に行った人の口コミの中には、「個人的タピオカランキング堂々の一位!」という声もあり、期待大です!

 

住所

京都市中京区河原町通り三条下る大黒町33

アクセス

地下鉄「三条京阪駅」、京阪「三条駅」から徒歩5分

営業時間

11:00~19:00

定休日

不定休

公式HP

生タピオカ専門店モッチャム

 

まとめ

今回は、京都の河原町周辺のタピオカドリンク店第2弾を紹介していきました。

【第1弾】京都 河原町周辺のタピオカ店」もぜひチェックしてみてくださいね。

 

河原町周辺のタピオカドリンク店の出店ラッシュは、これからも続きそうです。

タピオカ好きライター織部は、新たなタピオカドリンク店を開拓し、行列にも並んでいきたいと思います!

 

みなさんも、タピ活始めてみませんか?

この記事を書いた人: 織部~Oribe~
趣味は、部屋のコーディネート。絨毯として芝生、消臭剤に備長炭、そして切株のオブジェ。部屋を森のような空間にする計画進行中。

この記事へのコメント

1件のコメント

コメントする

※コメントは京トーク編集部にて確認後、公開いたします。
※お名前は未入力でもOKです。お気軽にコメント下さい!

この記事をみた人は、こんな記事もみています