【駅チカ!】東山駅 徒歩1分〜5分で行けるお洒落カフェ3選

2018.11.16 Fri

京都の秋を彩る「南禅寺    平安神宮 永観堂」の紅葉。

その美しい景色を求め、連日多くの人が地下鉄東西線、東山駅を利用しています。

 

この記事では、現役女子大生が選ぶ東山駅すぐのお洒落カフェを3店紹介していきます!

1. 大人な雰囲気 【 vance洋菓子店 】

 

東山駅2番出口から東へ徒歩1分 にあるvance洋菓子店は、平成元年から家族で経営されているレトロな内装の喫茶店です。

 

店内は落ち着いた空気が流れていて 近所の常連さんや美術館帰りの方がおもいおもいに至福の時間を過ごされています。

 

 

vance洋菓子店さんではショーケースに飾られたケーキ、焼き菓子、チョコレートは“すべて手作り”というこだわりのもとに作られています。

 

並べられた商品はお客さんに「本当にこのお店で作られたの?」と、尋ねられたことがあるそう。

それほど美しく、美味しそうなものばかりです。

 

店主は 「宣伝などは一切せず、味・品質だけで勝負してきた」と、お菓子作りにかける想いを語ってくれました。

 

ケーキには季節限定のメニューがあり、訪れるたびに新鮮な気持ちになることができます。

今の時期の限定メニューはイチジクのタルト、メロンケーキだそうです。

 

(モンブラン400円/紅茶390円)

 

私はお店の方オススメのモンブランをいただきました。

Vance洋菓子店さんのモンブランは、プリンの上に生クリームとマロンソースが乗せられています。

 

濃厚なマロンソースとしっとりしたプリンはとても上品な味わい熱い紅茶との相性もよく、お気に入りの一品となりました。

 

こちらのお店では、ケーキとドリンクをセットで頼むと50円引きになるサービスがあります。

そのためモンブラン400円、紅茶390円のセットを740円でいただくことができました。

 

このお値段でケーキとドリンクがいただけるのは、学生である筆者にとっても非常に嬉しいです。

 

モンブラン以外にも、魅力的なケーキがたくさん並んでいてどれにしようか迷ってしまう。

そんなひと時も楽しみの一つですね。

 

 

また、vance洋菓子店さんの焼き菓子詰め合わせやチョコレートは、見た目も美しいため手土産にも喜ばれるに違いありません。

 

様々な利用の仕方ができるvance洋菓子店さんへ、是非訪れてみてはいかがでしょうか!

 

〇交通手段

京都市営地下鉄東西線 東山駅 2番出口 徒歩2分

〇定休日

毎週火曜日

〇電話番号

075-561-0403

〇営業時間

10:00~20:00

 

2. パン屋さんだけどパン屋さんではない 【 ルバカサブル 】

 

東山駅2番出口から西へ歩いてすぐのルバカサブル は、“パン屋さんだけどパン屋さんじゃない、何でも屋“がコンセプトのお店です。

 

こちらのパンは 本場の味が楽しめる と近所の方にも観光客にも人気です。

 

それもそのはず。パンを焼くのはフランス人のオーナー、ヴィンセントさん。

ヴィンセントさんは14歳からパン職人をされています。若い頃に世界中を自転車でまわり、一番気に入った京都でお店をオープンしたそうです。

 

お店の入り口すぐには人気のクロワッサンやキッシュ、タルトなどがたくさん並べられています。

 

 

店内にはイートインスペースがあり、焼き立てのパンがその場でも味わえます。

 

ヴィンセントさんは「決まりを作らず自由に働き、面白いと思ったものを売る」というスタイルを大切にしているそうで 店内にはパンの他に自身で集めた骨董品やランプ、雑貨品なども売られています。

 

好きなものが溢れるお洒落な店内は なんと驚くことに全て自身で施工されたそうです!

 

 

トイレには施工時の写真がたくさん貼られたボードが置かれていて、今の店内になるまで時間と思いが込められている事が伺えます。

ルバカサブルそのものにオーナー独自の自由なスタイルが表されていますね!

 

ルバカサブルは、お店だけでなく梅小路公園の手作り市場、日仏学院のマルシェなど京都各地で開催されるイベントで出店しているそうです。

 

全て手作りの店内、本場の職人が作るパン 。

観光地へ足を運ぶ前にいかがでしょうか?

 

〇交通手段

京都市営地下鉄東西線 東山駅 2番出口 徒歩1分

〇定休日

無休

〇電話番号

075-746-3080

〇営業時間

7:00~19:00

〇ホームページ

ルバカサブル 公式ホームページ

 

3. ほっこりランチがいただけるカフェ 【 ペチカ 】

 

東山駅2番出口すぐの古川町商店街を南下すること3分。

路地に入ってすぐに見えるカフェ、ペチカです。

 

このお店自体は実は15年前からあるのですが、店主は友人伝えに代わってきたそうです。

ペチカは2013年から開店したこのお店として3代目のカフェになります。

 

店内にはお洒落なカウンターとテーブルが置かれていて、常連さんや観光に来た方が自由な時間を過ごします。

 

 

こちらではランチタイム (11:00~15:00 )があり、週替わりの手作りメニュー「ペチカのおひるごはん」がいただけます。

 

(ごはん・メイン・副菜2品・サラダ・お味噌汁のセット 980円)

 

「ペチカのおひるごはん」は非常に人気で、完売してしまうこともありますので、早めに訪れることをオススメします!

ランチメニューの他にも、ペチカのスコーンはたくさんの人から愛されています。

 

愛されている理由は、「国産の小麦粉を使用し、白糖は使わないなど、シンプルなお菓子だからこそ材料にこだわっている」からだと話していただきました。

 

スコーンの他にもケーキやサンドウィッチと、たくさんのメニューがあり、何度も訪れたくなりますね。

 

店主さんは、「ふらっと来てもらって、肩ひじの張らない、いつものごはん、いつものケーキを食べてもらいたい」ということで、 お家で食べるような安心感のある食事 にこだわっているそうです。

 

そんな温かみのあるお食事ができるカフェ、ペチカさんでゆったりした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

〇交通手段

京都市営地下鉄東西線 東山駅 2番出口 徒歩3分

〇定休日

木曜日・第二金曜日

〇電話番号

075-531-9790

〇営業時間

11:00~18:00

〇ホームページ

ペチカ 公式ホームページ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

お素敵なカフェが集まる東山駅。

今回紹介した3店だけでも、それぞれが魅力的で迷ってしまいますよね。

 

美しい景色を見た後は、食べ物でも京都の秋を堪能してはいかがでしょうか!

この記事を書いた人: 京トーク編集部
京トーク編集部です。 大好きな京都で生活をし、京都に住んでいる人や京都を訪れる人に、もっと京都を楽しんでほしい!と思い、日々記事を更新。 チームの仲間たちと共に京都の魅力を発信していきます!

コメントする

※コメントは京トーク編集部にて確認後、公開いたします。
※お名前は未入力でもOKです。お気軽にコメント下さい!

関連記事