一人暮らしの強い味方? 京都のとっておき動物カフェ5選(+1)

2018.10.31 Wed

朝晩の冷え込みが厳しくなり、人肌恋しい季節になってきましたね。

朝、布団から出るのがつらい今日この頃です。

 

大学生の皆さんはバイトや学園祭の準備、社会人の皆さんは仕事に追われる日々を送っていることと思います。

寒い中をくたくたになって帰宅したときほど、一人暮らしの寂しさが身にしみることはありませんよね……。

 

忙しい毎日を送る若者に何よりも必要なのは、ズバリ「癒し」!!

そこでぜひオススメしたいのが、多種多様な動物カフェです。

動物たちに癒されながら、日々の寂しさや疲れを吹き飛ばしましょう!

 

定番の動物から変わり種まで、京都にはいろいろな動物カフェがあるんです。

とっておきのお店を5つ、ピックアップしてご紹介します!

1.ついに京都初上陸!カワウソカフェ「LOUTRE~カワウソと過ごす時間~」

つぶらな瞳とすばしっこい動きがなんとも愛らしいカワウソ。

「触ってみたいけど、水族館でしか見たことない……」という方も多いと思います。

 

そんな方に朗報!

なんとカワウソと触れ合えちゃうカフェ「LOUTRE(ルートル)~カワウソと過ごす時間~」が、2018年7月、京都にオープンしたのです。

「水族館のカワウソとはまた違う“おうちカワウソ”」がお店のコンセプトなんだとか。

 

※公式Twitterより

 

か、かわいい〜〜〜!

これはたまりませんね。

 

LOUTREで会えるカワウソは、全部で6匹(2018年10月現在)。

中でもイチオシしたいのが、2018年の8月に生まれたばかりだという双子のカワウソ「おつゆちゃん&おだしちゃん」

絶妙なネーミングには、もうセンスしか感じません。

 

ベビーなおつゆ&おだしちゃんに会えるうちに、皆さんぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

かわいいカワウソたちが皆さんを待っています♡

 

【LOUTRE~カワウソと過ごす時間~】

住所:京都府京都市中京区寺町通り六角下る式部町259-1 舟木ビル2F

☆寺町商店街、サンドラッグの向かいのビル。

☆最寄駅

 阪急京都線/河原町駅 徒歩5分

 地下鉄東西線/京都市役所前駅 徒歩7分

 地下鉄烏丸線/四条駅 徒歩12分

電話:075-606-5475

営業時間:11:00~20:00(最終入店19:00)

定休日:不定休

利用料金:平日 1時間 ¥1500、土日祝 1時間 ¥2000〈1ドリンク付き〉

※小学生未満は入店不可

公式HP:https://www.loutre-kyoto.com/

 

2.やっぱり定番♡ 猫カフェ「猫カフェ MOCHA 京都河原町店」

猫カフェは、動物カフェの中でも特にメジャーなのではないでしょうか?

 

数ある猫カフェの中から今回オススメするのは「猫カフェ MOCHA 京都河原町店」。

お洒落な内装で人気のMOCHAが、国内11店舗目として2018年4月にオープンしたお店です。

 

※公式HPより引用

 

来店経験のある友人いわく、ここの猫たちはとっても人懐っこいんだとか。

猫たちの可愛さと居心地の良さにすっかりハマってしまい、なんと4回も来店したという猛者も筆者の身近にいます……!

 

ドリンクバー付き、しかも店内には漫画も置いてあります。

猫と戯れるだけでなく、ゆったりまったりした時間を楽しむのもいいですね。

 

ごはんタイム11:3019:00の2回。

猫ちゃんたちが一列に並んで、元気良く夢中でモグモグします。

この時間を狙って、可愛い食事の様子を見に行きましょう!

 

また猫のおやつは500円で販売。

とても美味しそうに食べてくれるので、こちらまで嬉しくなりますね。

猫ちゃんにモテモテのおやつは、数量限定なので購入できたらラッキーです!

 

猫ちゃんたちに触れて癒しを得たい方は、ぜひ行ってみてください。

 

【猫カフェ MOCHA 京都河原町店】

住所:京都府京都市中京区河原町通三条下ル大黒町58 mina4階

「京都市役所前駅」徒歩5分・「三条駅」徒歩5分・「河原町駅」徒歩6分。

電話:075-585-5889

営業時間:11:00~20:00 /最終入店 19:30

定休日:1月1日(mina休館日)

利用料金:200円/10分 税別

・最大料金

一般 2,400円/中・高校生(平日のみ)1,200円

※ 学生証の提示が必要

ドリンクバー代 350円別途必要

公式HP:http://catmocha.jp/kawaramachi/

 

3.「THE GRAVY」は一味違った犬カフェ⁉

「動物“カフェ“というからには、美味しいもんもちゃんと食べられな認めんで!?」という声がそろそろ聞こえてきそうなので、続いてはこちらのお店をご紹介。

 

同志社大学 今出川キャンパスから徒歩10分のところにある「THE GRAVY」は、本格的なハンバーガーやベーグルサンドといったお料理を楽しめるお店です。

” Life With DOG ”を掲げる店主の想いから、なんと愛犬同伴でのお食事も可能。

 

 

お店に入ると、看板犬のブルドッグ・バッカスくんがお出迎え。

筆者が2年ほど前に来店した際は、入店してから食事を終えるまで、ずっと足元をうろうろしてくれていました♡

 

※公式HPより引用

 

フードメニューも充実しているのがこのお店の魅力。

ハンバーガー、ベーグルサンド、ステーキなどを提供しています。

 

ジューシーなパティを挟んだボリュームたっぷりのハンバーガーはとても美味しく、大満足でした♡

 

可愛いワンちゃんとともに、美味しい食事を楽しめるなんて最高ですね。

お腹も心も満たされるカフェ、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

【THE GRAVY】

住所:京都市上京区一条通小川東入ル西之口町219-6

☆地下鉄今出川駅より徒歩7分

電話:075 – 414 – 7808

営業時間: 11:30 〜 22:30

定休日:水曜日

公式HP:http://thegravy-attitude.com

 

4.森の雰囲気も楽しめる「京都のフクロウの森」

京都随一の繁華街・河原町。

さまざまなお店が立ち並ぶ河原町の新京極通りには、フクロウカフェがあるのをご存知でしょうか?

 

その名も「京都のフクロウの森」。

森を模した店内では、14匹(2018年10月現在)ものフクロウたちが皆さんを出迎えてくれます。

 

※公式HPより引用

 

もふもふ度が伝わってくるフクロウのビジュアル、たまりません。

ちなみに、「フクロウの森」ではお触りもオッケー!

もふもふのフクロウに触ることができるなんて、幸せですね。

 

入館料が大人680円と、リーズナブルなところも嬉しいポイントです。

他の動物カフェよりも手軽に訪れることができますね。

 

また、隣接している「豆柴カフェ」「ヒョウ猫の森」のチケットと同時に購入することで、合計入館料から10パーセントオフになるという特典もあります!

 

フクロウに触れる、という珍しい体験をしてみたい方はぜひ行ってみて下さい。

 

【京都のフクロウの森】

住所:京都府京都市中京区新京極通り四条上る中之町554番地 美松西館2F

☆阪急河原町駅より徒歩2分

営業時間:11:30~19:30

電話番号:075-708-3847

利用料金:大人:680円(中学生以上)/小人:480円(4歳~小学生、要保護者同伴)

3歳以下無料(要保護者同伴)

公式HP:http://owls-cats-forest.com/free/owls-kyoto

 

5.じわじわ人気上昇中!爬虫類カフェ「Funny Creatures Forest 京都祇園店」

我々に癒しを与えてくれるのは、何も毛の生えた動物だけとは限りません。

一風変わった生き物とのふれあいを楽しみたい方にオススメなのが、爬虫類カフェ「Funny Creatures Forest 京都祇園店」です!

 

※公式Twitterより引用

 

2018年7月、京都祇園にオープンしたばかりのこのお店では、ヘビやトカゲ、イグアナといった爬虫類たちと触れあうことができます。

 

※公式HPより引用

 

店内はとってもお洒落でスタイリッシュ!

オシャレな場所で、楽しいひと時を過ごせますね。

 

普段あまり馴染みのない動物だからこそ、新たな魅力に目覚めてしまうかも!?

 

【Funny Creatures Forest 京都祇園店】

住所:京都府京都市東山区祇園町北側323 祇園会館 2階東号室

☆京阪本線 祇園四条駅下車 徒歩5分

☆阪急京都線 河原町駅下車 徒歩10分

☆バス 京都駅前から市バス100系統 206系統他

電話:075-532-6000

営業時間:11:00〜22:00(ラストオーダー21:00)

利用料金:1時間1,000円+ドリンク代

延長30分ごとに500円

祇園下車 徒歩0分

公式HP:https://f-c-f-kyotogion.ocnk.me/

 

6.【番外編】これからの新定番はうさぎだ!筆者イチオシ♡「うさぎカフェ うさゆ」(大阪)

さて、これまで京都の動物カフェを5つ紹介してきましたが、最後にとっておきの【番外編】をお届けしたいと思います♡

 

犬派?猫派?なんていう論争が繰り広げられるたび、筆者は密かに心のうちで思っておりました。

「ぜひそこに“うさぎ派”も入れてくれ!!!」

 

じっと観察していると見えてくる豊かな表情、気ままなのに寂しがりやの性格、そしてもっふもふの毛並みとつぶらな瞳……。

うさぎほど素晴らしい生物など、果たしてこの世に存在するのだろうか(自論です)。

 

そんなうさぎ派の願いを叶えてくれるのが、大阪府茨木市にあるうさぎカフェ、「うさゆ」です。

飼いうさぎの中でもっとも小さな品種であるネザーランドドワーフ、垂れ耳のロップイヤー、カーペットみたいにふかふかな毛並みが特徴のレッキスなど、実にさまざまな種類のうさちゃんと触れあうことができます。

 

※公式HPより引用

 

お店には9匹のうさぎちゃんのほか、チンチラモルモットがいます!

なでなでしたりと存分にうさぎちゃんたちに癒されることができますね。

 

ホームページには9匹のうさぎたちの性格や特徴が事細かに記載されています。

お気に入りにのうさちゃんを目当てに、お店に訪れてみても良いですね。

 

※公式HPより引用

 

「うさゆ」に足を運んでうさぎたちと触れあえば、店主さんが込めた「癒し」の想いをきっと感じられるはずです。

ぜひ、うさぎの魅力を体感してみてくださいね。

 

【うさぎカフェ うさゆ】

住所:大阪府茨木市松ケ本町3−16

☆JR茨木市駅より徒歩5分

営業時間:13:00~19:00(最終受付は18:00)

定休日:水曜、木曜 (祝日を除く)

利用料金:はじめの1時間  一般(中学生以上) 1300円               

小学生以下(保護者の方同伴) 900円  ☆ドリンク飲み放題

延長料金(30分)一般・小学生以下 共に500円

公式HP:http://www.usa-yu.com/about.htm

 

7.まとめ

定番だけではなく、ちょっと変わり種の動物カフェも合わせて6店を紹介しました。

行ってみたい動物カフェは見つかりましたか?

 

見るだけではなく実際にふれあうことができる動物カフェは、家族やペットと離れて一人で暮らす大学生や、日々に忙殺されている社会人の皆さんに癒しを与えてくれること間違いありません。

 

ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

(※どっぷりハマってしまっても、責任は取れません。笑)

この記事を書いた人: 桃小町~Momonokomachi~
愛が重めの女子大生。歌手のaikoとペットのうさぎを溺愛している。生クリームと白子が大好物。

コメントする

※コメントは京トーク編集部にて確認後、公開いたします。
※お名前は未入力でもOKです。お気軽にコメント下さい!

この記事をみた人は、こんな記事もみています